2013/09/12Thu

面接で聞いてはいけないこと
by 佐藤 照昭研究員

 

こんにちは。転職エージェント リージョンズ株式会社の佐藤です。

 

転職希望者の方から、「面接で企業に聞いてはいけないことはありますか?」と質問されることがあります。誰でも、面接の場面では、相手に良い印象を持ってもらいたいという気持ちがありますから、質問の意図はとても理解できます。

 

この問いに対して、私はいつも、「ありません。」と答えています。なぜならば、企業や求人内容に関して疑問や不安が残っている状態では、仮に内定が得られたとしても、入社すべきか否か決断できないからです。また、「恐らく●●だろう」と勝手に推測をしてしまうことも危険です。

 

では、好き勝手に面接官に聞けば良いかというと、当然そうではありません。
今回、お伝えしたいポイントは2つ。

 

<①質問する相手(面接官)の立場や役職を考慮して質問する>

営業職を志望しているあなたは質問したいことが2つあり、「詳細な仕事内容」と「全社的な経営ビジョン」だとしましょう。そして、応募企業の選考の流れとして、一次面接は営業部長、二次面接は社長が面接官です。このケースでは、一次面接の営業部長には「詳細な仕事内容」、二次面接の社長には「全社的な経営ビジョン」を質問するべきです。なぜならば、質問内容が相手(面接官)の日常業務に直結しているため、あなたの意に沿った回答を得られやすいと考えられるからです。また相手(面接官)にとっても、回答しやすい質問と言えるでしょう。

 

<②質問の意図を正確に伝える>

労務環境などに関する質問は、相手(面接官)に「仕事への意欲がないのでは」という誤解を与えてしまう懸念から慎重になる方が多いようです。しかし入社の決断のために必要であれば、避けては通れません。ではどうするかというと、その質問の意図を相手(面接官)に正確に理解してもらうことで誤解は防げます。その方法として、例えば、質問の前に枕詞をつけることがあげられます。「事前に覚悟だけはしておきたいので、・・・」などです。こうしたちょっとした相手(面接官)への配慮で、印象も違ってきます。
※なお、念のため付け加えますが、嘘は絶対にいけませんので、枕詞も自分自身の本心で伝えましょう。

 

これらのポイントを、今後の面接において、参考にしていただければ幸いです。

 

 

 

栃木県(宇都宮市)の転職支援・求人情報ならリージョナルキャリア栃木へ

 

 

SHARE:
CATEGORY:
転職成功のためのノウハウ

ABOUT

リージョナルキャリア栃木
「リージョナルキャリア栃木」は、リージョンズ株式会社が運営する、栃木での転職をお考えの方々のための転職支援サイトです。今後のキャリア・転職についてのご相談や、ご希望に合わせた求人情報のご紹介を通して、転職のお手伝いをいたします。

リージョナルキャリア栃木

STAFF

福澤 謙二郎研究員

福澤 謙二郎研究員
リージョナル転職、北海道内での転職を得意とするコンサルタントの集団です!

佐藤 照昭研究員

佐藤 照昭研究員
約2年半の本社勤務を経て本籍地栃木へ異動。地元企業と転職者の橋渡し役となるべく日々奔走中。

スタッフ研究員

スタッフ研究員
実際に体験・経験した北関東のフレッシュな情報を発信します。

高岡 宏治研究員

高岡 宏治研究員
「暮らしたい場所で思い切り働く」の実現をサポートするべく、転職に関わる情報を発信していきます!

島田 麗文研究員

島田 麗文研究員
栃木が大好き!栃木で働きたい!そんな人を全力で応援します!!

高山 綾美研究員

高山 綾美研究員
栃木の大きな自然と温かい人々のなかで育ちました。大好きな栃木に貢献できるよう日々邁進します!!

渡辺 恵研究員

渡辺 恵研究員
「自然・人・食べ物・元気な地場企業…などなど」大好きな栃木県のまだまだ奥深い魅力を発信していきます!

RECENT

ARCHIVE

CATEGORY

RSS FEED