リージョナルHERO

転職成功者インタビュー

リージョナルキャリア栃木で転職した方々に体験談をお聞きしました。

家族と食卓を囲む当たり前の時間。これはお金にはかえられない。

株式会社キリウ
松田和明さん(仮名・人事) 32歳

転職回数
1回
転職期間
エントリーから内定まで164日間

松田さんがかつて勤めていたのは、名前を聞けば誰でも知っているような大企業だった。収入も高く、はたから見ればうらやましいような環境。しかし実際は、仕事に追われる日々に悩んでいたという。加えてある一定の等級からは『みなし労働時間制』が適用され、残業代がカットされるが業務量は変わらず、当然、モチベーションはダウン。振り返れば、家族は置き去りで子どもが小さかった頃の記憶もほとんどない。そこで思い切って新たな人生への挑戦を決めた。そしてリージョナルキャリア栃木から紹介されたのは、栃木本社の自動車部品メーカー。初めて名前を聞く会社だったが、面接で「ここだ!」と直感したという。世界中に取引先を広げている成長企業で、教育体系の構築というやりがいのある仕事を任されながらも、家族との時間が当たり前にとれる。「収入は前の方が高いけれど、戻りたいとは思いません。今の生活の方が絶対にいいから」と、松田さんは体験談を熱く語ってくれた。(※本記事の内容は、2015年6月取材時点の情報に基づき構成しています)

転職前

業種
電気機器メーカー
職種
人事
業務内容
教育研修の企画、立案、運営

転職後

業種
自動車部品メーカー
職種
人事
業務内容
採用、労務管理、教育研修の企画、立案、運営

勤務地の希望エリアを広げることで、今の会社と出会えた。

現在のお仕事はどんな内容ですか?

主に自動車部品を作っているメーカーで、人事として働いています。栃木県の足利市に本社がある500人ほどの会社ですが、全世界に製造拠点があり、ブレーキディスク、ブレーキドラムの製造では世界の8%以上のシェア。グループ全体で4500人程度が在籍しています。その中で私が担当しているのは、人材の育成です。新しく作った教育体系にもとづいて、階層別に行う研修の企画や、講師の検討、実施に関するさまざまな実務、アンケートによる効果の測定などに取り組んでいます。

入社前のご経歴を教えてください。

大学を出て最初に就職したのは、東証一部上場の製紙会社でした。九州にある工場に、総務・人事として配属され、労務管理から採用、教育、福利厚生、社内行事、工場見学の対応まで、ありとあらゆることを行っていました。4年ほどその会社で働いた後、大手電機メーカーに転職。3000人規模の拠点の教育担当になり、5年近く、教育研修の企画・立案・運営に携わっていました。

転職のきっかけは?

前職への転職は、妻の実家がある茨城に近いエリアで暮らしたいと思ったことがきっかけでした。当時は九州の工場に勤務していましたが、東京への異動の可能性もあったので、結婚後しばらくはそれを信じて待っていました。しかし東京の拠点閉鎖の話が持ち上がったことから転職に踏み切り、関東に拠点がある電機メーカーに転職。そこでは入社当初は良い環境だったのですが、徐々に仕事量が増え、いつしか仕事が生活のすべてになってしまっていました。さらにある一定の等級からは『みなし労働時間制』が適用され、残業代がカットされるが業務量は変わらないことに疑問を感じていました。そこで夫婦で話し合いの時間をもったところ、「子どもたちとほとんど関わってこなかった」ということに気付きました。3人子どもがいますが、転職してからの数年間、子どもたちと触れ合った記憶が私にはほとんどありません。朝、家を出るときも、仕事を終えて家に帰ってきたときも、子どもは寝ていて、土日も私は仕事で会社でした。加えて今後全国転勤の可能性も高くなってくることから、再度転職しようという結論に至りました。

転職活動はどのように進めましたか?

まずは会社を退職しました。少しのんびりと体を休めたかったですし、その時はすぐに次を決められるという自信があったからです。しかし実際は転職活動に苦労しました。まずは大手やリージョナルキャリア栃木などの人材紹介会社に3~4社登録しました。希望職種は人事系。勤務地は茨城県を希望していました。自分で探してみると希望の職種がない状況でしたが、人材紹介会社からは様々な企業を紹介してもらいました。ただ、茨城ではやはり希望の求人が少なく、面接を受けても不合格になることも。活動を始めて3ヶ月が過ぎた頃から勤務地を北関東に広げることを決め、リージョナルキャリア栃木のコンサルタントにも希望を伝えたところ、今の会社を紹介してもらうことができました。

今の会社に決めたポイントは?

最初は名前も知らなかったほどですが、面接でとても印象が良かったことです。実は私は会社を見るポイントをいくつか決めていました。まずは、「勤務地」。ここは栃木といっても茨城に近く、妻の実家にも行きやすい場所でした。次に「扱っている製品」。私が昔から大好きな車の部品を作っていることや、世界で高いシェアを誇っているところに惹かれました。また「収入」に関しても満足できました。面接では現在の上司が対応してくれましたが、インターネットでは調べられない情報を、面接でしっかりと解消できたからこそ、ここに決められたのだと思います。

通勤時間、徒歩5分。残業はほぼゼロ。休日は子どもと近所で川遊び。

転職していかがでしたか?

とても良いペースで仕事ができています。前の会社では残業が続くなかで、効率よく仕事をすることを身につけてきました。そんなやり方が当たり前だと思っていましたが、上司から「マネジメントがうまい」「仕事が速い」と評価をしてもらうことができました。仕事の内容も、今まで経験してきたことが本当にそのまま活かせています。会社がここ10年で急拡大しており、本社以外の拠点で制度整備が遅れていたため、まずは各拠点でも活用できる人事業務に関する標準マニュアルの作成に取り組み、それがある程度整ったことから次は人材育成だということで去年から今の仕事を任されています。入社して約2年半、残業はほとんどしていません。休日出勤もほぼゼロ。おまけに有給休暇も年間10日以上とれています。仕事は順調で、自分の時間もあるので、とても満足しています。収入は減りましたが、今思えば、これまでは仕事のストレスを発散するために、無駄遣いばかりしていたので(笑)、今も不自由はありませんね。

生活面での変化はいかがですか?

子どもとの時間がとても増えました。以前は子どもが起きている顔を見ることさえ難しかったですが、今では晩ご飯も一緒に食べられるようになり、お風呂にも一緒に入っています。会社から歩いて5分の場所に中古の家を購入し、通勤も楽になりました。前職と比べると1日4時間以上自由な時間ができました。その時間で子どもと遊んだり、スポーツジムに行ったりできるようになりました。

転職してよかったと思うことは?

一番は家族との時間ができたことです。子どものためにも転職し引っ越してよかったと思います。例えば、子どもを自転車に乗せようにも都会は車が多くて心配ですが、ここでは自然がいっぱいです。近くの川に網で魚をとりに行く、なんて遊びもできるようになりました。今は自治会や子ども会にも参加しています。そういった場に顔を出して同年代の親たちと交流できるのは楽しいです。あとは、今の会社は自分で仕事を作っていくことができるということ。前の会社は規模が大きく、何もかもが完成されていましたが、今は未完成。そして、これからもっと伸びていく可能性を持っています。

転職を考えている人にアドバイスをお願いします。

若い頃は、有名な会社で働きたい、都会に住みたいといった欲がありました。でも実際は住む場所、時間の使い方がとても大切です。私生活が充実していないと仕事も充実しません。誰もが知っている会社が「良い会社」ではなく、無名でも「良い会社」はあります。地方にも輝いている会社、自分が活躍できる会社はある、ということを今回感じました。でもそれを自分で探すのは大変です。だからこそ、リージョナルキャリア栃木のような人材紹介会社に相談して、企業に応募してみるとよいと思います。それもやみくもに受けるのではなく、自分なりの「ポイント」を明確にして臨むことをおすすめします。

担当コンサルタントから

リージョンズ株式会社 
佐藤 照昭

松田さんとは、エントリーいただいた翌日に電話面談させて頂きました。電話越しにも笑顔でいらっしゃることが想像できるような明るさが印象に残っています。そのときはすでに前職を退職され、退路を断っての転職活動中でしたが、大手企業での人事というキャリアが活かせる求人が少なく苦労されていました。しかし、そんな中でも、常に前向きに転職活動をされている姿をみて、私も松田さんのために何とかしたいと感じたことを覚えています。キリウ社との出会いは、松田さんの前向きな姿勢がもたらしたものです。今でも明るく仕事されている姿を拝見するたびに、私が元気を分けてもらっています。コンサルタントとして、松田さんと出会えたことに感謝です。

転職成功者インタビュー一覧

ページトップへ戻る