リージョナルHERO

転職成功者インタビュー

リージョナルキャリア栃木で転職した方々に体験談をお聞きしました。

中国から日本に留学し、就職、結婚、夫の転職。宇都宮で“自分の”仕事と出会うまで。

株式会社伊澤技術研究所
李 欣さん(仮名・受注管理担当) 31歳

転職回数
1回
転職期間
エントリーから内定まで324日間

「中国と日本の架け橋になりたい」と、日本の大学院に留学した李さん。卒業後は希望通り日本の商社に就職し、貿易実務に従事していた。しかし、結婚して夫の転職で東京から宇都宮へ移住することに。「栃木で中国語と日本語と英語を活かしたやりがいのある仕事が見つかるのか」そんな不安の中で、腰を据え、長く働ける仕事を探した李さんが、面接3社目で出会ったのは、「自分の望みにぴったり」と言う国際派の実力企業だった。(※本記事の内容は、2017年9月取材時点の情報に基づき構成しています)

転職前

業種
商社
職種
輸入購買
業務内容
外食産業向けの消耗品・備品商社において、主に中国や東南アジアなどの海外からの購買業務

転職後

業種
精密機器メーカー
職種
受注管理、設計
業務内容
海外も含む取引先からの受注管理、見積り、CADを用いた設計業務

夫の転職が決まり、東京から宇都宮に移住。

現在のお仕事はどんな内容ですか?

栃木県宇都宮市にある精密工具メーカーで、主として受注業務に携わっています。日本国内だけでなくアジアの国々との取引も多く、電話やFAX、メールで注文書を受け、工場に指示を送ります。技術的な細かい指示も多く、入社した当初は加工内容を間違えて工場に指示を出してしまったことがありました。周りの人たちにフォローしてもらって解決しましたが、絶対にしてはいけないミスでした。また、中国語と日本語の通訳として、営業に同行して中国や台湾に出張することもあります。ただ、日常業務の中では翻訳や通訳の仕事はそれほど多くなく、基本的には日本語で仕事をしています。

入社前のご経歴を教えてください。

中国・洛陽市の出身で、大学で経済、貿易、日本語を学びました。もともと、日本と中国をつなぐ仕事がしたいと考えていたのです。卒業後は中国国内でBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)サービスを受託する会社に就職。日本企業で経理の仕事をしていました。そこで1年間働いたのですが、日本語を読めても、話す方は全くダメ。やはり実際に日本へ行かないと話せるようにならないと思い、日本の大学の大学院に留学することを決めました。東京の大学院で2年間学び、東京の商社に就職。主として中国から日本への輸入品を扱っており、そこで4年間、輸入実務や在庫管理の仕事をしていました。

転職のきっかけは?

東京の商社で働いている時に、同じく東京で働いていた中国人男性と結婚したのですが、夫が宇都宮市の企業に転職を決めたため、私も一緒に移住して、宇都宮で仕事を探すことにしました。夫の転職には賛成でしたが、「馴染みのない土地で自分が希望する仕事は見つかるのか」という不安はありました。

転職活動はどのように進めましたか?

宇都宮で仕事を探そうとネットを見ていて、たまたま見つけたリージョナルキャリア栃木に登録。焦って決めてしまうつもりはなく、いい会社を見つけていい仕事をしようという心構えでした。条件として考えていたのは、中国語と、できれば英語も仕事で使えること。英語はまだ話すのは得意ではありませんが、読み書きなら仕事に役立てられると思ったのです。紹介された2社の面接を受け、不採用になった後にコンサルタントから紹介いただいたのが伊澤技術研究所でした。

今の会社に決めた理由は?

求人内容と、私が望んでいるものがぴったりでした。というのも、商社の仕事を経験して、メーカーの仕事がしたいと思っていたのです。仲介役の商社の立場は難しく、直接受発注する方が確実だと感じていました。社長と工場長に会って面接しましたが、社長が若いので驚きました(笑)。それまで知っていた日本企業の社長は70代でしたから、30代の社長との面接で話をしやすかった面はあるかもしれません。

成長できる仕事内容も、形式にとらわれない社風もぴったり。

転職していかがでしたか?

入社して間もなく1年になりますが、この会社に転職できて本当によかったと思っています。人数は少ないですが、形式的なルールが厳しかったりすることがない。前の会社も周りの友達から聞く日本の会社も、「大きな声で明るい挨拶」とか、議題がなくても会議を開くとか、そういう決まりが多くて(笑)。この会社は、仕事の実務をきちんとやればいい。仕事に関係のないところの形式的な決まりがないので、ストレスなく仕事ができます。社内に中国人は私一人ですが、周りとも良い人間関係を築けていると思います。

転職して良かったと思うことは?

まず、仕事の内容ですね。やっていることは毎日同じように見えて、やっぱり違う。それで自分が成長できると思います。前の仕事を辞めた時は、今のような仕事と出会えるとは思っていませんでした。夫は、今の仕事が見つかった時は「どうかな、ちゃんと続けられるかな」と心配していて、「もし辛かったら辞めていいよ」と言っていたのですが、私は楽しんで働いています。夫の転職がなければ前の会社を辞めていなかったと思いますが、この転職は自分にとって良い転職だったと思っています。

困っていることや課題はありますか?

仕事の上では、わからない事があれば上司に相談するので、困ったことはないですね。課題だと思うのは、製品知識が不足していること。まだまだ勉強しなければいけないことがいっぱいあります。日本人の中で、中国人が一人だけという状況は、そもそも自分で選んだことなので、困ったこととは受け止めていません。もちろん、中国に帰れば周りは中国人なので楽ですが、私は日本で仕事をすることを選びましたし、それが楽しいと感じています。この国で仕事をしていると、日本人と中国人の考え方の違いを感じたり、逆に似ているな、と思うこともあって、面白いですね。

生活面の変化はありましたか?

東京から宇都宮に移り住んで、こちらの方がずっと暮らしやすいと感じます。以前は毎日、片道1時間半の電車通勤で、座るためにグリーン車を使ったりして大変でした。今は宇都宮の市街地に住み、郊外にある会社まで車で30~40分ですから本当に楽です。しばらくは宇都宮に根を下ろして暮らしたいと思っています。

転職を考えている人にアドバイスをお願いします。

自分のやりたいことは何か。自分ができることは何かを明確にして、どんな仕事をしたいかを決めて、探すことが大切だと思います。そして、時期を焦って無理に決めるのではなく、本当に自分に合った仕事に就くことができれば、長く続けられると思います。私の場合は、リージョナルキャリア栃木のコンサルタントから「どんな仕事をしたいのですか」「自分ができることはなんですか」と聞かれて、考えを整理できましたから、頼んでよかったと思っています。

担当コンサルタントから

リージョンズ株式会社 
佐藤 照昭

李さんは当時、東京にお住まいでしたが、ご主人の仕事の都合で宇都宮に転居を予定されていました。中国ご出身で、大学卒業後、中国で就職した後に日本へ留学。日本での就職先では日本語、中国語、英語と語学力を駆使して主に海外からの輸入購買に従事されていました。宇都宮に転居後に本格的に転職活動をスタートした李さんでしたが、しばらくの間、中国に戻らなくてはならないご事情ができ、思うように転職活動が進められずもどかしい時期もありました。また宇都宮では、これまでの語学力や輸入購買といったご経験を活かせるポジションが少なく、私たちの力不足も痛感しました。エントリーから約1年をかけての転職実現となり、時間はかかってしまいましたが、現在、やりがいを持って活き活きと仕事をしていらっしゃることが何より嬉しく思っています。

転職成功者インタビュー一覧

ページトップへ戻る