産直ブログ

地域情報

レジャー2022.09.15

宇都宮プチ観光レポート│若山農場・宇都宮動物園編

こんにちは。リージョナルキャリア栃木、コンサルタントの鎌田真知子です。
先日会社の同僚と訪れた宇都宮の観光スポットをレポートします。


今回訪れたのは、若竹の杜 若山農場宇都宮動物園です。

同僚と一緒に行ったため公共交通機関ではなく車を利用しましたが、どちらもバスでアクセスすることが可能です。

若竹の杜「若山農場」

20220915_15.jpg

※以下、特記のない写真はすべて筆者撮影


「るろうに剣心」や「キングダム」のロケで使用されたことがあるこの場所。

パンフレットやホームページの写真を見て、私は「夏の暑さを忘れさせる静寂の竹林」「まるで京都の嵯峨野?」というイメージがありましたので、ぜひ一度訪れてみたいと思っていました。


アクセスは宇都宮駅西口よりバスで所要時間30分程度です。

「野沢寺前」で下車、バス停からは徒歩で10分ほど。便数は1時間に3本程度あります。


いざ訪れてみると、若山農場は24ヘクタール(東京ドーム5つ分)の広さを持つ観光農園で、竹林を散策できるだけでなく、竹細工体験教室や、季節によってはタケノコ狩り・園内に生育する栗拾いやブルーベリー摘みを楽しむこともできるそうです。


受付で入場料(一人500円)とハンモックをレンタル(1時間500円)して、さっそく中に入ってみました。


20220915_14.jpg


この日は気温が30度近くまであり蒸し暑かったのですが、竹林の中はほんのり薄暗く、ほっとする涼しさでした。

笹鳴りの音を聞きながら竹林を散策するだけで十分に楽しめます。


20220915_13.jpg


受付でレンタルしたハンモックは、「園内の好きな場所に自分でハンモックを張ってのんびりできる」というコンセプト。筋肉自慢の同僚も一緒なので、せっかくだからと借りてみました。


ちょうどよい距離間の2本の竹を選び、ハンモック両端のベルトをそれぞれの竹に巻き付けると完成です。竹の節がストッパーの役目をして思ったより簡単にできました。

しかしながら、どのくらいの高さに設置するかが悩みどころです。あまり高くしてしまうと、そもそもハンモックに乗っかるのが大変です。

腰掛けられるくらいの高さに設置してみましたが、いざ横になると地面についてしまいました。


うまく設置できると、このようになります。


20220915_12.jpg

画像引用:若竹の杜HP竹林でハンモック」(最終閲覧日2022912日)



ハンモックから見上げた空はこんな感じです。


20220915_11.jpg


園内には竹で作ったブランコや、夜のライトアップであかりが灯される「竹あかりトンネル」もあります。のんびり散策すれば1時間弱程度で周れる大きさです。


▼竹でつくられたブランコ

20220915_10.jpg


▼竹あかりトンネル

20220915_09.jpg

宇都宮動物園

若竹の杜からほど近くに動物園があるということで、足を運んでみました。

アクセスは宇都宮駅西口よりバスで所要時間30分程度です。

「下金井町」で下車、バス停からは徒歩で5分ほど。若竹の杜から宇都宮動物園は3km程度の距離にあります。


宇都宮動物園は民間会社が運営している動物園で、さほど大きくはないのですが、動物園と遊園地とおもちゃ箱が一つになったような、味のある動物園です。

駐車場ではこんなロボットがお出迎えしてくれました。写真ではわかりませんが目がチカチカか光っています。


20220915_08.jpg


入園料(一人1,400円)と動物にあげる餌(100円)を購入し中に入ります。


20220915_07.jpg


宇都宮動物園は「自然とどうぶつとこどもたち」のふれあいがテーマの動物園で、直接さわったり餌をあげたりすることができる動物園です。

90400動物が展示されており、歩いて1時間程度で周ることができました。


ゾウやキリン、ライオンといった動物園で定番の動物には一通り出会うことができました。

さらにはヒツジやロバやウサギなど小さな子供たちが触れ合うことのできる動物たちのエリアもあります。園内では、乳幼児連れの家族を多く見かけました。


この動物園、特筆すべきは動物との距離の近さです。

受付で動物の餌(野菜やパンを刻んだもの)を購入しましたが、「餌をあげてOK」の案内のある動物には、こんなに近くで餌をあげることができます。


▼キュウリ、食べてます!

20220915_06.jpg


キリンの長い舌に手を巻かれてしまわないかドキドキしてしまいます。


20220915_05.jpg


ゾウとの距離はこんな感じで、


20220915_04.jpg


餌に気が付くと近寄ってきてくれました。


もう一つ特筆したい点は、宇都宮の企業やお店の広告があちらこちらに見られる点です。

檻の中で動物が動いている様子がないと、おもわず看板に目が行ってしまいます。


20220915_03.jpg

20220915_02.jpg

20220915_01.jpg


宇都宮動物園は民間企業によって運営されているということもあり、経営にもいろいろなアイディアを発揮しているようです。


キリンの赤ちゃんの命名権を販売したり、ゾウ舎プールの改修工事の資金をクラウドファンディングで募ったり。

看板広告も収益源の一つとなっているそうです。広告と言っても一つひとつが手作りで味があり、動物たちと妙にマッチしていました。


デジタルやバーチャルの対極をつらぬいているところが、この動物園の魅力ですね。今後も活動を見守り、応援したくなる動物園でした。


<参考情報>

若竹の杜若山農場HP(最終閲覧日2022912日)

宇都宮動物園HP(最終閲覧日2022912日)

関東自動車HP路線バス案内」(最終閲覧日2022912日)


お役立ち情報

▼コンサルタントに直接相談をご希望の方はこちら

▼栃木の求人情報をお探しの方はこちら

▼転職支援サービスへのエントリーはこちら

バックナンバー

レジャー

2022.09.06

新米サウナーが行く!栃木サウナ旅行記 ―宝湯編―

リージョナルキャリア栃木のコンサルタント、扇谷です。 さあやってまいりました、サウナ旅行記2回目の記事です!前回は極楽湯宇都宮店をご紹介しましたが、今回はJR宇都宮駅の北西に位置する『宝湯』という銭湯をご紹介したいと思います。「え、銭湯...?聞いた事ないんだけど」「南大門とかベル湯とか、もっと有名

グルメ

2022.08.05

生産量2位じゃダメなんでしょうか? 栃木県の知られざる特産品

こんにちは。リージョナルキャリア栃木のコンサルタント高山です。 新型コロナの第7波が急拡大する前、情勢が落ち着いてきたように見えた頃、県外からゲストを迎える機会が何度かありました。ゲストに「行きたいところは?」「食べたいものは?」という質問を投げかけると、「そもそも栃木県って何が有名なの?」と、も

企業

2022.07.26

【ふるさと納税】栃木の魅力的な返礼品あれこれ

こんにちは。リージョナルキャリア栃木のコンサルタント 鎌田です。 ふるさと納税の返礼品というと地元の特産品をイメージすると思いますが、サイトを見てみると家電製品や加工食品など大手メーカー商品もあります。例えば、栃木県佐野市の返礼品である「バーモントカレー」などです。これはハウス食品の関東工場が佐野

レジャー

2022.07.05

新米サウナーが行く!栃木サウナ旅行記 ―極楽湯宇都宮店編―

リージョナルキャリア栃木のコンサルタント、扇谷です。 今回から不定期にはなりますが、栃木県内のサウナを巡る『新米サウナ―が行く!栃木サウナ旅行記』を書いていこうと思います! 初回はサウナにハマった経緯と、その体験をした温浴施設のご紹介をしたいと思います。 サウナにハマったきっかけ 「にわかファンかよ

その他

2022.06.08

あの頃あの高校が強かった ―インハイ予選結果から振り返る栃木の高校スポーツの歴史―

今回は、20年前・10年前・現在の競技別「全国高校総合体育大会栃木県予選会」(=インターハイ予選)の結果から、栃木の高校スポーツの歴史を振り返ります。 なぜこの記事を書いたのか 2022年10月、「第77回国民体育大会」が栃木県で開催されます。各競技で代表選手が決まったり、開閉会式の観覧者募集がスタ

他の記事を検索する

検索

ページトップへ戻る